読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの癌日記

2015年8月9日に左胸にしこりを見つけ、9月15日に全摘手術したわたしの日記

どんなときも

元気なときもこわい。
不調なときもこわい。
もう ない左胸が痛むのもこわい。

再発がこわい。
転移がこわい。

頭痛がひどく、頻度が高いので、頭痛外来へ。
片頭痛だろうということで、処方されたお薬がよく効いてひと安心。念のための精密検査でMRIをとったところ、脳に嚢胞のようなものがあるとのことで、大学病院で造影検査を受けることに。
ショックがないといえば嘘だけど、身体のことだから受け入れて行くしかない。何もないかもしれないし。

リンパ浮腫

腋窩郭清するとリンパ浮腫のリスクが高くなる。
わたしは、センチネルリンパ節生検で転移が見つかり、腋窩郭清した。
術後は元気そのもので、翌日からお弁当箱と呼んでいた術部からの廃液のタンクを肩からさげてう、うろ歩き回っていたけど、抗癌剤の副作用で合併症を起こし、腕が腫れるようになってしまった。
それでも、保険の効かないリンパ浮腫外来になるべく行かずに済むようにと、ストレッチとシナモンで頑張ってきた。
いまは、肘内側にすこし硬い部分があるのと、体調が悪い日は左腕が熱をもって、右腕より腫れているくらい。これ以上ひどくなったら、保険が効かずとも診察を受けなきゃなぁと思っていたら、今年から?保険が効くようになったみたい!
不安だったからよかった。

http://gcli.gto.ac.jp/insuarance.html

手術あとが

かゆい。とにかくかゆい。
そして、アレルギー性鼻炎がほぼ毎日。
さらに、偏頭痛が合い間に。
仕事を探したい、旅行にも行きたい、病気を忘れて過ごしたいと思っていたのに、散々な10月。
アレルギーも、薬が効かず、くしゃみがとまらないと本当にキツくて、ぐったりしてしまう。

あとは、抗ガン剤により体毛の生え変わり時期が揃ってしまったためか、体毛が薄い時期にはいったみたい。脱毛がすごい。もともと薄い方だから、さらに薄めに…

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

激痛


癌は「大病」と言われるのだけど、わたしの癌は痛みはなかった。もちろん手術や抗ガン剤副作用での痛みはたくさんだったけど。それ以外はあんまり身体に症状も特になかったし。


ところが、昨日はものすごい激痛で目覚めた。

ここのところ、みぞおちや腰の痛み、吐き気や食欲不振、身体のだるさ、尿がオレンジ色と、すこぶる体調がわるかったんだけど、抗ガン剤やホルモン剤の副作用もあったから、そういう不調はなんとなく受け入れてた。


目覚めたのは朝6時。刺すような右側下腹部の痛み。1カ所がピンポイントで痛い。紛らわせようと身体をウネウネとねじって、体勢を変えてみるが、効果なし。

6時10分。痛みに耐えきれず、両親の寝室へ。痛みで立っていられず、母のベッドに倒れ込む。痛みとともに、吐き気、寒気が出てくる。

6時30分。痛みは酷くなるばかりで、どんなむきでも痛い。救急病院へ行くことにする。が、自分で立ち上がることもできない。結局、救急車を呼んでもらい、救急病院へ。搬送されるとき、何度か吐く。意識もハッキリしない感じに。

病院到着。痛みのあまり、頭はボーッとしてきて、でもお腹はとても痛いので、身体をよじる。医師が来るまでのあいだ、救急隊員の「先生が来るまで、着いてますからね」という温かい言葉にじんわりする。痛みが続く。耐えきれず、うつ伏せにまるまる。

医師が来て、「ちょっと痛いよ〜ごめんね〜」と背中をどん。激痛。あおむけで、お腹も抑える。念のためレントゲンを撮ることになるが、おそらく結石でしょうと。強い痛み止めを点滴してもらう。

癌の術前検査、1年検診のPETで両方の腎臓に石があると言われてはいたが、動かなければ問題ないとのことだったので、おそらくそれだ…

大した大きさではないが、石が腎臓から尿路へ降りてて、その痛みと、片方の腎臓が炎症をおこして腫れている。尿路結石との診断。


今日は鈍痛になったけど。昨日はとにかく痛かった…



足のつめ

抗ガン剤投与中、爪の保護のために手はアイスグローブなる、要は氷の手袋で冷やし続けるのだけど、わたしのかかっている病院は、足は冷やしてくれない。1回目は自分で冷やすようにアイスノンとかでやったけど、その後は副作用がひどく、再入院になったので心折れてしまい、足を冷やすのをやめてしまった。

そうしたらこんなことに。

1枚目は2016年1月、2枚目は3月頃。

f:id:mylifeismine:20160909024356j:plain

f:id:mylifeismine:20160909024540j:plain

見えづらいけど、爪の中が変色していて、このころはずっと痛みが出ていた。病院で、回診のたびに痛みを訴えたけど、何ができるわけではなく…結局、数ヶ月後に爪はこうなった。二枚爪っていうのかな?傷んだ爪の下に新しい爪ができて、生え変わる感じ。

ここまできたら痛みもないかと思いきや、ひっかけてはがれることがあって、これまた痛かった。2月に抗ガン剤おわって、いま9月で手足ともに爪は生え変わりました。手の爪のガタガタは7月にはなくなって(伸びて、切った)、足の爪はつい先週に古い部分がはがれて、抗ガン剤爪はなくなった!さよなら!抗ガン剤!!


f:id:mylifeismine:20160909025027j:plain


なにかのために…

「なにかのために…」

「だれかのために…」

そう思ってブログに記録してきたから、

まおちゃんが書いていることはとても共感できる。

わたしも治療に迷ったとき、ネットで検索してたどり着いたたくさんの先輩方のブログに助けられた。今はこんなだけど、時間が経てば、元に戻れるんだ!って勇気をもらった。


癌に支配されず、身体は病気でも、こころは「病人」にはならず、わたしたちはわたしたちらしく生きていける。

いつか死ぬまで、わたしを生きていける。


わたしひとりのとき、家族と一緒のとき、ペットと遊んでいるとき、食事の支度をしてるとき、お昼寝してるとき、当たり前の時間を当たり前としてじゃなく、感謝して送れるようになったのは、癌になったから。

明日は当たり前じゃない。そうわかったから。


病気になって、そこがいちばん感謝するところ。