読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの癌日記

2015年8月9日に左胸にしこりを見つけ、9月15日に全摘手術したわたしの日記

明日は術前検査

乳癌と診断された。
硬癌
スキルス
浸潤癌

転移の確認と今後の治療方針を決めるためにPETとMRIを明日受ける。
明後日には、両親とともに説明を聞く。

わたしは、告知のときも冷静にがんばった。主治医と話し終わって診察室から出るときに初めて涙がでた。トイレで泣いた。
何が悲しかったのか。
自分が癌だということがただ悲しかった。死ぬかもしれないと思って。

でも、この2週間で考え方は少し変わった。わたしの癌はわたしをそんなに簡単に死なせてはくれなさそう。
生き延びる可能性の方がまだ高い。
でも、治療のためには今回の転職は諦めなきゃいけなさそうだし、辞める予定の会社に戻るつもりもない。
働けないほど自覚症状が強いわけではないのに、命に関わるから働けない。でも、働ける。なんとも奇妙な状態。
さすがに、夏バテと生理と告知で今はへばってるけど。でも、がんばればなんとかなりそうなレベル。

諦めずに、ねばっていく。
生きねば。
生きていかねば。