読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの癌日記

2015年8月9日に左胸にしこりを見つけ、9月15日に全摘手術したわたしの日記

とても良い本!

しこりに気づいてから1ヶ月。本やネットで調べ、主治医やセカンドオピニオンの医師にも質問し、どうしてもわからなかった、
なぜ、癌を切る必要があるの?
痛くもかゆくもないのに??
癌ってなんなの???
治療って、癌は治るの?

こういった質問に、丁寧に易しく、わかりやすく答えてくれています。
お医者様としてのクールな目線と、患者家族としての温かな目線が感じられる、とても良い本です。

私自身も納得し、落ち着いてあと2時間後の手術にのぞめますし、待ってる家族にも読んでもらおうと思います。

癌だから…じゃなく、癌でも長生きする。生きていく。
そのためにできることを考え、納得し、受け容れて、選択して生きていく。

わたしの左胸とはお別れだけど、また違うわたしとして生きていく。