読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの癌日記

2015年8月9日に左胸にしこりを見つけ、9月15日に全摘手術したわたしの日記

読みました

カーテンコール

カーテンコール

この女優さんを初めてみたのはたぶんクイズ番組。
かわいいけど、容赦なく、ニッコリ笑顔でパシッと答えるイメージ。そして、姿がイグアナに見えてしまう自分と娘に対して、どうすればいいかわからない美しい母親。命かける愛に身をまかせる女性。
ワインでできている、なんて時に茶化されたりしていたけど、女優という非日常を曇りなく魅せてくれた素晴らしい俳優さんだと思う。

標準治療を選ばないと、患者仲間からも責められたりすることがある。癌患者同士、なにを揉める必要があるのかと思ってしまうけど、病気になったからといって人はそう変わるものでもなく、結局はこれまで生きてきたようにしか生きられないのだ。
女優さんは女優さんとして、最期まで本気で生きた。

本の中にたくさん共感できるところがあったが、特に病気でも病人ではいたくないというところ。本当にその通り。わたしは抗癌剤QOLどころか、命を落としかけたので、すごく身にしみる。数パーセントの可能性でもかけてみたくなる気持ちと、わけのわからない副作用に振り回されてしまう結果。
そして、西洋医学以外の可能性を閉ざさない表現。藁にもすがる、というのは、溺れかけた者にしかわからないのだと思う。そこを理解してくれるパートナーがいてくれたこと、彼女は幸せだったろうな。
すごく痩せていた姿をテレビで何度かみたけれど、そのどの時でも、彼女ははじけるような笑顔で、その笑顔が記憶に遺っている。

自分の人生を、生ききった人生を読ませてくれて、ありがとうございます。